服部勇馬の実家は服部総業で両親兄弟は?中学高校大学・彼女や結婚に私服も




服部勇馬(はっとりゆうま)選手は東京五輪男子マラソンの日本代表選手です!

2018年に開催された福岡国際マラソンでは、尾方剛選手以来14年ぶりの日本人優勝を成し遂げ、東京五輪の選考会であるMGCの出場を獲得。

MGCでは2位の成績を残して東京五輪出場内定を手にしました!

今回はそんな服部勇馬選手について、実家や出身校、兄弟などをまとめてみました!!

服部勇馬の実家は服部総業で両親(父母)や兄弟は?出身中学や高校大学も

まずは東京五輪に内定が決まっている男子マラソンの服部勇馬選手のプフィールを見ていきましょう!!

服部勇馬(はっとり ゆうま)

生年月日:1993年11月13日
出身地:新潟県十日町市
身長:176㎝
体重:63㎏
所属:トヨタ自動車
出身校:中里中学→仙台育英高校→東洋大学経済学部経済学科

新潟県十日町市に父・好位さん、母・麻理子さんの元に生まれた服部勇馬選手は、小学生時代はサッカーに打ち込んでいたそうです。

しかし服部選手が進学した十日町市立中里中学校にはサッカー部がなく、仕方なく陸上部に入部したのが陸上を始めるきっかけになりました。

中里中学3年の時に全日本中学陸上1500メートルで7位入賞。

1つ下の弟である弾馬さんと共に全国中学駅伝出場を目指したものの、あと一歩のところで出場は叶いませんでした。

中学時代から頭角を現していた服部選手は、高校は新潟を離れて宮城県にある仙台育英高校に進学します。

仙台育英と言えば野球でもよく名前を聞くスポーツの名門校ですね(*^-^*)

高校でもエースとして活躍した服部選手は東洋大学へと進学します。

そこでも1年生の時から駅伝メンバーとして活躍し、箱根駅伝では2年生から3年連続で華の2区を任されています。

しかも3年と4年の時には区間賞を獲得しチームに貢献しました。

大学卒業後はトヨタ自動車に入社していますが、服部選手は長男として実家を継ぐということも考えていたそうです。

服部選手の実家は服部総業という建設会社で、祖父の龍一さんが創業、父の好位さんが社長を務めています。

従業員は30名ほどで、服部さんは大学2年くらいまで実家を継ぐか実業団に入るかで悩んでいたそうです。

そんな彼の背中を押したのが父である好位さんで、「卒業後も走ればいいんじゃないか」と服部選手に話したんだそうです。

服部選手には1つ下と4つ下に弟がいます!

1つ下の弾馬さん風馬さんも駅伝で活躍する優秀な選手だったそうです。

兄弟3人とも名前に「馬」の字が入っています!

実家で馬を飼っていたことから父・好位さんが名付けたそうですが、名前の通り、馬のように速く走る選手へと成長していますね(*^-^*)

ちなみに、現在は三男の風馬さんが実家を継いでいるそうです。

また、弟だけでなく妹さんもいらっしゃるようです!!

調べてみたところ、妹さんは服部葉月さんと言うらしく、勇馬選手とは10歳も離れているんだとか。

葉月さんも陸上をやっていたみたいですが、現在も続けているのかどうかは分かりませんでした。

服部勇馬の彼女や結婚の噂・私服は?

マラソン界のプリンスと呼ばれている服部勇馬選手ですが、彼女や結婚の噂が気になりますよね!!

プリンスという愛称や写真を見ても分かる通り、爽やかイケメンな服部選手!!

彼女がいてもおかしくはなさそうですが……

現在お付き合いしている人がいるかどうかは不明でしたが、大学時代に國學院大學陸上競技部マネージャーの川崎真奈里さんと交際していたという情報がありました。

2015年に二人が一緒に歩いているところを目撃した人がいるようなのですが、如何せん4年以上前の情報なので、現在は別れてしまっている可能性もあります。

結婚しているという情報も見つからなかったので、現在交際してる人はいないのかもしれませんね。

最後に服部勇馬選手の私服画像をいくつか挙げておきたいと思います。


東洋大学時代


NIKEのイベントにて


自宅にてのオフショット


原監督とのツーショット

大学時代から凛々しく笑顔が素敵ですが、私服もシンプルながら似合っていますしスーツ姿は一段と男前度が上がっていますね。

ぜひ東京オリンピックでの活躍を期待しましょう。

以上、東京五輪男子マラソン日本代表の服部勇馬選手に関するまとめでした!

Sponsored Links
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。