リーチマイケルの結婚した妻や子供・カフェの現在!父母や中学高校大学も




リーチマイケル選手について気になっている方も多いと思います。

今回は、リーチマイケル選手の結婚した妻や子供・カフェの現在!父母や中学高校大学などについて調べてみました。

リーチマイケル選手は、ラグビー日本代表選手!

「ラグビーワールドカップ2019」が2019年9月20日〜11月2日の期間で開催されるので、現在ラグビーに注目が集まっていますね♪

まずはリーチマイケル選手のプロフィールをご紹介します。


名前:リーチマイケル

愛称:Reach

生年月日:1988年10月7日(2019年8月現在30歳)

身長/体重:190cm/105kg

出身:ニュージーランド クライストチャーチ

所属:東芝

ポジション:ナンバーエイト(No8)・フランカー(FL)

日本代表キャップ:61

気になる結婚した妻や子供、カフェの現在についてや、両親や学生時代から現在までについても見ていきましょう。

【リーチマイケルの結婚した妻や子供・カフェの現在は?】

リーチマイケル選手の結婚した妻や子供・カフェの現在についてご紹介します。

リーチマイケル選手は2012年に結婚しています。

妻の名前は「知美(さとみ)さん」

知美さんは日本人で、元バレーボール選手だそうです。

リーチマイケル選手は190cmの高身長ですが、知美さんも171cmで女性では高身長のため、横に並ぶと良い感じの身長差に見えますね♪

2人は大学の同級生。

リーチマイケル選手は怪我による引退危機などもありましたが、知美さんは食事やマッサージなどサポートしています。

過去に「Going!」でラグビー選手を支える妻としてサポートの様子が放送されているので、YouTubeより見てみてください。

Going! -ラグビー日本代表キャプテンを支える同級生妻-

そして、気になる子供についてですが、2人の間に可愛い娘を授かっています♪

子供の名前は「真依ちゃん」

(https://twitter.com/yurayura15s/status/707145301795037184)

2013年11月生まれで現在5歳!

ニュージーランドと日本のハーフということになりますが、可愛いですよね♪

そして、リーチマイケル選手は、知美さんとカフェを経営していることもファンの間では有名!


(写真中央がリーチマイケル選手家族で、両端はスタッフ)

2015年7月1日に、ニュージーランドスタイルカフェ「Cafe+64」を東京都府中市にオープン!

店舗名の“+64”という名前の由来は、ニュージランドの国際電話の国番号から付けています。

「ずっとやりたくて経営とコーヒーの勉強をした」というリーチマイケル選手。

ニュージーランドスタイルのエスプレッソをベースとしたコーヒーを、日本在住外国人には懐かしんでもらい、そして日本人にも楽しんでもらいたいそうです。

オープンから4年が経ちましたが、カフェの現在はというと、評判のいいお店で現在も人気店です。

運が良かったらリーチマイケル選手に会える可能性もあり、妻の知美さん以外にも妹のアネさんに会ったという方もいます!

「オシャレで美味しくて落ち着くカフェ」という口コミがとても多く、「また行きたい」とリピーターになる人続出でかなり評判が良いので、ぜひ行ってみてください♪

[Cafe+64の詳細]

住所:東京都府中市美好町1丁目18-3コーポビバルディ1F

最寄:府中駅から徒歩約15分・分倍河原駅から徒歩約15分

営業時間:火曜〜日曜11:00〜16:00

定休日:月曜

他にも臨時休業があるので、行く予定の方はFacebookより確認してください。
https://ja-jp.facebook.com/cafeplus64/

「次はニュージーランドで日本の国番号“+81”の名前で日本スタイルの店をオープンさせたい」との夢もあるようですよ♪

ラグビー関連の記事はこちらも!
↓↓↓↓↓↓↓↓
ラグビーワールドカップ2019の生中継動画や無料見逃し配信はネットで見れる?
ラグビーとアメフトの違いを簡単に!ルールやボール・人気や体格差も
ラグビー観戦の持ち物や必需品グッズまとめ!服装やコーデのおすすめは?
ラグビーワールドカップファンゾーンの開催場所や日程時間!ゲスト芸能人も

【リーチマイケルの父母(両親)や中学高校大学は?】

リーチマイケル選手の父母(両親)や中学高校大学についてご紹介します。

リーチマイケル選手は両親どちらも外国の方です。

父「ジェフさん」はニュージーランド出身のスコットランド系白人

母「エバさん」はフィジー出身

両親は現在もニュージーランドで暮らしています。

母は、リーチマイケル選手が日本に留学するとなった時は「行ってほしくなかった」とインタビューで話していました。

ですが、リーチマイケル選手は母がラグビーを好きだったことからラグビーを始めているので、日本代表として現在活躍しているのは嬉しいと思います。

ちなみに兄弟は4人兄弟で、リーチマイケル選手は3番目

続いて、出身校についてや、学生時代から現在までについてご紹介します。

中学:セント・ビーズ・カレッジ(クライストチャーチ)

高校:札幌山の手高校

大学:東海大学

ラグビーを始めたのは母の影響で5歳の時。

15歳の時に留学生として日本に来日し、お寿司屋さんにホームステイして、札幌山の手高校に入学。

中学の時から日本に興味を持っていたようです。

高校卒業後は、東海大学体育学部へ進学!

大学ではラグビーフットボール部に所属し、2008年のラグビージュニア世界選手権に日本代表として出場しています。

2008年11月16日のアメリカ戦では、日本代表初キャップを獲得しました。

大学3年では第46回全国大学ラグビーフットボール選手権大会で準優勝や、4年の時の大学選手権ではベスト4を経験!

大学時代にキャプテンだったこともあるそうです。

大学卒業後は、「東芝ブレイブルーパス」に加入し、その年にワールドカップの代表に選出され、予選プール全試合にフランカーとして出場しています。

2013年には期限付きで「チーフス」に移籍を発表しましたが、腕の骨折が分かったため契約解消となり、さらには同年のフィジー戦では足首を脱臼骨折。

そして、2013年7月25日に日本国籍を取得し、これまで名前が「マイケル・リーチ」だったのを「リーチマイケル」に変更。

日本人プレーヤーとなった翌年の2014年4月にコーチより日本代表キャプテンに指名されました!

大学時代にもキャプテン経験がありますが、下の面倒を見たり人前に出るのは向いていないため「もう2度とやらない」と自分に約束をしていたが、周りに背中を押され務めました。

翌年2015年に「チーフス」に再加入し、この年のワールドカップの代表に選出されています。

これまでの受賞歴は、「2011-12新人賞 ベストフィフティーン」を受賞して以来、2018-19までほぼ毎年ベストフィフティーンを受賞しています。(2016-17を除く)

リーチマイケル選手について色々見ていきましたが、「15歳で日本に来てチャンスをもらったのでラグビーで日本に恩返しがしたい」と日本のためにも頑張っています。

家族の支えもあり怪我などを乗り越え、苦手なキャプテン業でもみんなをしっかりと引っ張り、ワールドカップ出場へと導いていました。

まだまだ38歳くらいまでは現役として頑張ると話しているので、今後の活躍も楽しみに応援しましょう!

ということで今回は、リーチマイケル選手の結婚した妻や子供・カフェの現在!父母や中学高校大学などについてご紹介しました。

Sponsored Links
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。