鳴門市納涼花火大会2019の混雑状況や駐車場は?屋台や穴場スポットも





鳴門市納涼花火大会(なるとしのうりょうはなびたいかい)を毎年楽しみにしている方は多いですよね♪

今回は、鳴門市納涼花火大会2019の混雑状況や駐車場、屋台や穴場スポットについてご紹介します。

鳴門市納涼花火大会の今年の開催日時は2019年8月7日(水) 20:00〜20:50

(荒天の場合は延期となり、翌週の8月16日(金)に変更)

鳴門市納涼花火大会は、徳島の方だけでなく、県外の方も花火目当てに訪れる人気の花火大会です。

県下最大級の5,000発の花火が夜空を彩ります♪

[開催情報]

打ち上げ場所:撫養川沿い親水公園

観覧場所:徳島県合同庁舎前市道(立岩区画1号線)

有料観覧席:あり

それ以外でも花火を見ることができる穴場スポットもありますので、気になる穴場スポットや、混雑状況や駐車場、屋台などについて見ていきましょう。

鳴門市納涼花火大会2019の混雑状況や駐車場は?

鳴門市納涼花火大会2019の混雑状況や駐車場についてご紹介します。

混雑状況

混雑状況ですが、毎年9万人ほどの方が訪れる花火大会なので、大混雑します。

花火大会に混雑はつきものですが、場所取りや屋台目的に人が行き交うので、お連れの方とはぐれないように、そして防犯面でも注意が必要です!

鳴門市納涼花火大会は、花火を見るために事前購入する“有料席”を設けていることで、当日の混雑をなるべく避けられるようにとも考えられています。

有料席は、混雑を最小限に避けたい方や、「場所取りせずに最高の場所で花火を見たい!」という方におすすめ♪

[有料観覧席]

席数:1,350席(自由席)

販売開始日:2019年7月1日(月)10:00〜

料金:2歳以下は無料、3歳〜小学生未満は500円、小学生以上は1,000円

詳細は公式サイトをチェックしてください。
http://www.narutocci.or.jp/awaodori/hanabi.html

有料席でもレジャーシートなどを用意しておくといいですよ。

(2枚目以降、有料席からの花火の見え方が分かります)

駐車場

車で行く方には駐車場も気になるところですが、臨時駐車場が解放されますので、場所を把握しておきましょう!

[臨時駐車場]

「夢屋鳴門店の駐車場」 17時〜解放

「ボートレース鳴門の駐車場」 19時〜解放

どちらの駐車場も利用料金は1台500円となっています。

なお、それでも当日確実に駐車場を確保したい場合はあらかじめ駐車場を予約できる便利なサービスがあるのをご存知ですか?

akippa(アキッパ)というサイトなんですが事前にこのサイトで予約しておけば探し回る必要がありません!

近い順に掲載されているので、どうぞご覧ください。

駐車場の予約ができるakippa(アキッパ)はこちら!

akippaは普通の駐車場を時間貸しにしているため、ほとんどは広くなっておりコインパーキングのように入れにくいこともありません。

事前予約のため当日、一万円札しかなかったり小銭がなくて困るといったこともなく安心です。

また、15分おきなど細かく借りたり、一日貸し切りといったことも可能。

しかもほとんどの駐車場は一般的なコインパーキングより格安というから嬉しいですね。

普通の駐車場なので出し入れも自由ですし、とことん便利な使い方ができますよ。

[臨時シャトルバス]

駐車場から花火大会の会場までは距離が離れていて、徒歩では30分くらいかかるので、臨時シャトルバスが運行します。

行き:ボートレース鳴門駐車場→鳴門郵便局

帰り:鳴門駅前→ボートレース鳴門駐車場

運行時間:17:30〜22:30頃の間

鳴門市納涼花火大会2019の屋台や穴場スポットは?

鳴門市納涼花火大会2019の屋台や穴場スポットをご紹介します。

屋台

花火大会と言えば、屋台も楽しみの1つですよね♪

鳴門市納涼花火大会の開催場所の屋台は約70軒並ぶそうで、屋台の定番のものはある程度揃っているようです。

場所取りのために早めに行っても屋台があることで花火までの時間もお祭りを楽しむことができます♪

穴場スポット

花火大会の会場まで行くのは「人が多くて苦手…」という方もいますよね。

そんな方におすすめの穴場スポットもご紹介します!

『うずしおふれあい公園』

打ち上げ場所から少し離れてはいますが、公園の駐車場に車を停めることができますし、花火が綺麗に見える!と毎年うずしおふれあい公園から見ている方もいるようです。

『妙見山公園』

こちらも打ち上げ場所から少し離れてはいますが、鳴門市を一望できる公園なので、花火が綺麗に見え、ゆっくり花火を見たい方におすすめの穴場スポット♪


(妙見山公園の展望台からの夜景)

穴場スポットでは迫力が感じられないことや屋台がないのはデメリットですが、ゆっくり見られる点や、全体が写真などに納められる点がメリットですよね。

ですが会場で見る花火は迫力があり、屋台なども楽しめるので、行ける方はぜひ会場で楽しむのがおすすめ。

鳴門市納涼花火大会は徳島の人気の花火大会なので、毎年行っている方も多いと思いますが、行ったことがない方も今年は行ってみてくださいね♪

開催日の8月7日の天気がいいことを願って、楽しみにしておきましょう!

ということで今回は、鳴門市納涼花火大会2019の混雑状況や駐車場、屋台や穴場スポットについてご紹介しました。

Sponsored Links
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。