ろうそく出せ(北海道七夕)の由来!お菓子がもらえる地域や時間は?歌詞も




本州のほとんどの地域では七夕といったら7月7日ですが、北海道の七夕は8月7日!!

しかも北海道の七夕では、子供たちがろうそくを持ち、歌をうたって近所の家々をまわりお菓子をもらうという、本州では見かけない風習があるんですよ♪

その名も“ろうそくもらい”です!!

近所をまわってお菓子をもらうなんて、まるでハロウィンですよね(*^-^*)

今回はそんな北海道の七夕の不思議な風習である“ろうそくもらい”についてまとめました!!

ろうそく出せ(北海道七夕)の由来!お菓子がもらえる地域や時間は?

そもそも北海道の七夕はなぜ8月7日なのでしょうか??

七夕の起源は諸説あるようですが、もともと日本では7月に農耕関係のお祭りがおこなわれていて、その後中国から伝わった七夕伝説と合わさったことで7月7日に“七夕まつり”が行われるようになったと言われています。

明治に入り暦が旧暦から新暦に変わると、国の方針により「七夕まつりは新歴旧暦どちらで行ってもよい」ということになり、農耕のお祭りを重視している地域では時期をずらさず旧暦7月7日=新暦8月7日に、“7月7日=七夕”という知名度を重視した地域では時期を早めて新暦7月7日に行うようになったそうです。

北海道のほとんどの地域では前者を選んだことで、今でも旧暦7月7日である8月7日を七夕としている地域が多いです。

意味や由来は?お菓子がもらえる地域も

では、なぜその七夕で“ろうそくもらい”が行われるのでしょうかというと、北海道が開拓された地であることが由来になっているようです。

というのも、このろうそくもらいという風習は青森県のねぶたの習わしに類似点が多いのです。

青森県のねぶた祭りでは、戦前まで祭りの前になると近所の家々をまわってねぶたの照明であるろうそくを集める風習があったそうです。

そして、この風習を青森から北海道の開拓でやってきた人たちが伝えたのではないかと言われています。

ところで、このろうそくもらいという風習は私が住んでいる道東地域(網走近郊)には存在しません。

こちらに移住してきて10年になりますが、七夕の時期に子供たちが歌をうたって練り歩く様子に出くわしたことがありません。

しかし、枝幸町歌登で育った私の母は幼いころに“ろうそくもらい”に参加したことがあるというのです。

北海道は広いですから、青森から伝わったであろうこの風習が北海道全域に広がるのは難しかったのかもしれませんね。

まぁ網走から110㎞ほど離れた遠軽地域では“ろうそくもらい”の風習はあるようなのですが……(^^;)

“ろうそくもらい”の由来がぼんやりと分かったところで、この風習がどんなものなのかおさらいしておきましょう!!

お菓子がもらえる地域や時間は?

“ろうそくもらい”とは?
8月7日(一部地域では7月7日)の夕暮れ時から夜にかけて、浴衣や甚平を着た子供たちが近所の家々をまわって「ろうそく出せ」と歌をうたい、お菓子をもらう

改めて文字にしてみるともうこれハロウィンですよね(笑)

北海道に来たばかりでこの風習に馴染みのない人は、歌の通りにろうそくを渡してしまい子供たちからチベットスナギツネのような目を向けられてしまうのでご注意を(^^;)

お菓子は駄菓子や大袋で入っているお菓子がメインみたいですね。

この時期になると各家庭で駄菓子やアソート菓子などを買い込む家庭も多いそうです。
う~ん大変(>_<)

最近では防犯上お昼に近所の顔なじみの家をまわる程度で済ませているところも多いみたいです。

見知らぬ家に子供だけで突撃してお菓子をたかるなんて、今の時代では結構いやかなりアレですよね……

行事を理解してお菓子をくれる人がほとんどだろうけど、中には変な人もいますからね……。

子供だけでまわらず、大人が付き添ったりする地域も多いみたいです。

昔ながらの風習がさながら風前の灯のごとく薄れつつありますが……まぁ物騒な世の中ですから仕方ないですよね。

こういう風習は時代に合わせて少しずつ変化しながらでも残していきたいものですよね。

ろうそく出せ(北海道七夕)の歌詞まとめ!地元民が意味も解説

“ろうそくもらい”では「ろーそく出―せ出―せよー」という歌を歌いながら家々をまわってお菓子をもらうのですが、この歌の歌詞が地域によって微妙に違ってくるんだそうです。

まずは私が歌登出身の母から聞かされた歌詞がこちら↓
『ろうそく出ーせー出―せーよー 出-さーぬーとーかっちゃくぞー
おーまーけーにーひっかくぞー』

おいおい随分物騒な歌詞だな……というのは置いておいて(^^;)

この歌詞、ちょっとおかしいんですよね。

“かっちゃく”というのは北海道の方言で「ひっかく」という意味があります。

つまりこの歌詞は“ひっかく”と脅し、さらに“追加でひっかく”と言っているんです。

まぁ追加でひっかいてもいいんですけど、なんか腑に落ちないなぁと思って調べてみたら、地域によって歌詞が違うというから驚きです!!

<前半部分はほとんど同じで後半おまけ部分が微妙に違うバージョン>
おーまーけーにー……
●噛みつくぞ
●喰いつくぞ

札幌近郊、遠軽町周辺、室蘭市、登別市、旭川市の一部地域、歌志内市、釧路市、余市町がこのバージョンみたいです。

<おまけ以降に追加されているバージョン>
●おーまーけーにー噛みつくぞー 噛みついたら放さんぞー
●おーまーけーにー喰いつくぞー 喰いついたら放さんぞー

千歳近郊で歌われているそうです。

どれも非常に物騒なのが共通点といえるでしょう。
それにしても、なんでこんな物騒なんだろう……。

札幌より南、道南地域では歌詞がガラッと変わるようです。

<函館市>
竹に短冊七夕まつり おーいやいやよ ろうそく一本ちょうだいなー

全然違う。全然物騒じゃない。
地域によっては後半にかっちゃいてくる地域もありますが。

おーいやいやよってどんな意味なんでしょう??

調べてみると、「大いに祝おう」だと思って歌っていたという人もいれば、「多いは嫌よ」と歌っていた人など様々。

中でも「お追いは嫌よ(追い払わないでください)」が私の中では納得のいく歌詞だなと思いました。

道南でも地域によって“竹に短冊七夕まつり”のあとの歌詞が違うみたいなので、なかなかに奥が深い風習だなぁと思いました。

以上、北海道の七夕の謎の風習「ろうそく出せ」もとい「ろうそくもらい」についてのまとめでした!!

Sponsored Links
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。