タピオカストローがダイソーで売ってる場所はどこ?100均のおすすめやサイズも




タピオカストロー ダイソー

この夏大ブームとなったタピオカドリンク!!

暑さが和らいでもなお、その人気は若い世代を中心に衰えていません!!

最近では自分の好きなドリンクに市販のタピオカを入れて作るオリジナルタピオカドリンクも流行っているようです!!

タピオカドリンクと言えばタピオカを吸うことができる太いストローが必須ですが、そのタピオカストローダイソーなどの100均で手に入るって知っていましたか!?

今回は、ダイソーのタピオカストローについて、売っている場所やサイズ、おすすめなどをまとめました!!

タピオカストローがダイソーで売ってる場所はどこ?

大人気のタピオカドリンクを自分で作るとき、タピオカはもちろんですが欠かせないアイテムと言えばタピオカが吸うことができる太いストロー、タピオカストローが必要ですよね!!

あまり高いものは用意できないけど、100均で買えるならそれに越したことはありません!!

現に、ダイソーやセリアなどの100均にもタピオカストローが並ぶようになりましたが……

タピオカドリンクブームにより、6月頃からどの店舗でも品薄状態に(>_<)

しかし暑い夏を過ぎた現在、少し需要が落ち着いたのかタピオカストローが再びダイソーに並ぶようになってきました!!

とはいってもすべての店舗にあるわけではなく、タピオカストローを置いている店舗と置いてない店舗があるようです。

どんな店舗に置いているのか、ざっと調査してみたのですが……

この店舗にある!!という確かな条件はなさそうです。

SNSなどでは、“比較的大きな店舗においてあった”という声から、“どこにもない!!”という声、“盲点だった小さい店舗に置いてあった!!”などなど。

このことから、タピオカストローを置いている店舗の規模はあまり関係ないのかなと思います。

では何が関係しているのか!!

タピオカドリンクは10代から20代の女性を中心にブームになっていることから、女子高生や女子大生が多く集まる場所、女子高生や女子大生が通える場所にある店舗で取り扱っている可能性が高いです!!

付近に高校や大学があったり、通学路のそばにある店舗などがねらい目だと思います!!

取り扱っている店舗によっておいてあるコーナーは多少異なると思いますが、ほとんどの場合が紙皿や紙コップなどが並ぶ場所に普通のストローと一緒に並んでいることが多いですよ♪

私が住んでいる田舎町は比較的店舗の規模は大きく、ストローもミニサイズからペットボトルサイズ、紙ストローなど取り扱う種類は多いものの、タピオカストローだけはありませんでした(´・ω・`)

ちなみに、インスタントタピオカもありませんでした。

若い子があまりいないような場所は需要がなく取り扱っていないのかもしれません(>_<)

タピオカストローダイソー100均のおすすめやサイズも

タピオカドリンクを飲むのに欠かせないタピオカストローですが、ダイソーで取り扱っているタピオカストローにはいくつか種類があるようです!!

まずは一番スタンダードな12mm口径のストロー!

ビッグストローという商品名で置いてあります。

長さは21㎝で30本入っています。

ビビットカラーのほかにパステルカラーもあってドリンクに合わせて色を変えることができそう(*^-^*)

12mmが一番太いストローなのですが、これより少し細い8mm口径のストローもあるようです。

clip_image002

こちらはパッケージにスムージーやミックスジュース用とありますが、小さい粒のタイプのタピオカを使うなら8mm口径でもよさそうです!

ビッグストローが品薄状態のところでも、スムージー用のストローなら置いてある!という店舗もあるみたいですよ♪

以上、ダイソーのタピオカストローまとめでした!!

Sponsored Links
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。